どのような準備が必要か

English

プロジェクト2020は、インド人のサチン氏が作った英会話教材の紹介動画になります。この動画は、登録さえすればだれでも見ることができるのが特徴になります。そのため、準備方法といっても特に登録する以外に必要はありません。当然ですが、動画を見ることができる環境が重要になってくるでしょう。それさえあれば、特に問題なく動画を見ることができるわけです。動画を見るといっても、3分から5分程度のものではなく、1時間近くの時間がかかることを理解しておきましょう。そのため、動画を見るためにそれなりの時間を自分で作っておかなければならないところです。ただ、インターネットに接続できる環境ならば何回かに分けてみることができるでしょう。

料金がほとんどかからない

Do you speak English

プロジェクト2020が注目されている理由は、サチン氏が無料動画を提供していることです。プロジェクト2020自体が「スピークアウト」と呼ばれている英語教材の紹介動画になります。この動画を閲覧することで、サチン氏がなぜ英会話教材を広めようとしたかわかります。それと同時に、料金がほとんどかからないのが大きな魅力になるでしょう。動画自体は無料で見ることができますので、だれでも登録さえすれば自由に閲覧可能になるわけです。では、スピークアウトまで無料で見ることができるかといえばそのようなことはありません。そのため、スピークアウトに登録する段階になれば、それなりの料金がかかってきます。スピークアウトを受けると、10万円から20万円のお金が必要になるところです。

日本人が英語を苦手としている理由

握手

サチン氏が作ったプロジェクト2020の動画では、ある面白い事実が掲載されています。それがある意味、多くの人が注目する理由の一つになりえるでしょう。どのような内容になっているかといえば、動画ではいろいろなことを説明されているものの「日本人はなぜ英会話を苦手としているのか」をはっきりと述べています。外国人が述べるから思わず納得してしまう人も少なくないはずです。具体的な内容としては、日本人は、学校教育の中で正しい文法を教わります。この時、少しでも間違えた文法を使ってしまうとバツになってしまいます。ところが実際には、間違えた英会話をしても相手に通じるわけです。この点、日本人は間違えた内容を覚えるべきではないとの教育を受けてきているため、間違えた英語でも通じることを知らない人が多いということです。まず、日本人は少なくとも間違えた英語だけですので取りあえず相手に話してみることが重要と述べています。そのため、本編のタイトルがスピークアウトになっているわけです。

広告募集中